つくる人と食べる人をつなぐ、暮らしと食のマガジン

おきなわいちばは
3、6、9、12月の5日発行

ここだけの話

40kobore1.gif

 

40kobore2.gif

今回の巻末企画「世界でひとつだけのもの」では
職人的要素の強い、作家さんたちの工房を取材させていただきました。
お客さんのさまざまなわがままにきちんと応え
それ以上の満足をもたらしてくれるという意味の〈職人〉のね。

ものづくりの現場を見るのが大好きな私としては
かなりテンション高めの楽しい取材になりました。

笑顔の似顔絵(笑顔絵)を描いてくれる〈ゑんぴつ堂〉は
北中城の丘の上にあります。
看板を見つけてふらふらと行けるような場所ではなくて
本気でゑんぴつ堂を目指さないとけっして行けないような場所。
(特に方向音痴で名高いおきなわいちば編集部メンバーにとっては)

ゑんぴつ堂さんは、週末には、ちょっとした飲み物もいただける
雑貨屋さんをオープンしています。
アンティークな感じの雑貨なども素敵なんですが
工房兼お店の、この場所の雰囲気が抜群にいい。
沖縄こどもの国が見下ろせて
園内を散策する人たちの姿がまるでミニチュアのようです。
キリン舎から出てくるキリンも見えて、なんだか感動!

ロケーションがいい感じなだけでなく
ここではすべてがハッピー。

enpitu.jpg

笑顔絵を描くのは奥さんのあさひつむぐさん。
だんなさんの玉宮鉄平さんは、カメラマン&おしゃべり担当。
これまでに描いた笑顔絵のエピソードを掛け合いで話してくれるのですが
それがなんとも幸せそうなのです。
笑顔絵をオーダーする方たちから、
〈好き〉とか〈ありがとう〉の気持ちをいっぱい聞いていると
この世の中、捨てたもんじゃないぞと、
明るい希望で心が満ちてくるそうです。

うーん、いいなあ。
ちょっと照れくさくても、愛してるとか、大好きだとか
伝えたい気持ちになってきたのは、わたしだけではないはず。

デザイナーのちびくじらと、カメラマンの青塚さんと
みんな清らかな気持ちになって
ゑんぴつ堂さんをあとにしたのでした。


もうひとつおまけ。
実はこれまに描いたたくさんの笑顔絵のデータを見せてもらったのですが
そのなかに、県内でも知らない人はいないくらいの
大きな会社の会長さんの絵があったのです。
会長さんへのプレゼントらしいのですが
ちいさいけれど、丁寧な仕事をする
ゑんぴつ堂のような工房を探しあてて
手間をかけてエピソードを伝えて
時間をかけて描いてもらったというところに
社員の会長さんへの尊敬と愛情を感じられて
いい会社だなあと本当に感じたのでした。
それまでその会社にそんなにいい印象を持っていなかったのですが
笑顔の絵を見た瞬間に180度印象が変りました。
そんな社員を抱えている会社が嫌な会社なわけはない!ってね。
ほら、ここでもゑんぴつ堂マジック。
自然といい人になっちゃうでしょ?

最後にみんなを骨抜きにした
お店の招き猫〈じゃがいも〉の写真。
絵本のなかから抜け出したみたい。

jaga.jpg

 

その横

2012.12.19

ここだけの話。 一覧へ →

↑PAGE TOP