つくる人と食べる人をつなぐ、暮らしと食のマガジン

おきなわいちばは
3、6、9、12月の5日発行

ここだけの話


02_たいとる.jpg

「お昼なに食べた?」「チキン南蛮」「また鶏肉 ?!」

という会話が毎日のように繰り返されるほど、鶏肉好きなわたくし。

沖縄そばなど、鶏肉の入ってない昼食を食べた時には

帰りにコンビニエンスストアでチキンを買って食べちゃうなんて、

恥ずかしくて人に言えません。

 

この巻末特集も当初のお題はお肉でしたが、

鶏肉に絞ってお届けしました。

お楽しみいただけましたでしょうか?

 

実は今回の取材で鶏肉加工場の中を見せていただき

写真撮影も行ったのですが、

その生々しさにおどろく方もいるだろうと、

遠目から見たものを使いました。

その現場でも「わ~おいしそう」と思いながら見学していたのは

自分でもすこし呆れました。

 

 

vol.47_p86.jpg

写真は、扉(とびら)と呼ばれる、

タイトルが入る最初のページのイメージ。

鶏肉の各部位を並べてその名称を添えるという案だったため、

ちゃぶ台に白い紙を並べてラップを敷いて、

リハーサル用の台を急ごしらえしたりしました。

むね肉がハートの形をしていたのは意外。

料理する時はあまり意識しませんからね。

 

使用する鶏肉にもこだわりました。

新鮮なものを使いたかったので、

撮影日の朝に牧志公設市場でゲット。

定評のある専門店、鶏せんさんで購入したやんばる若鶏です。

写真には入らなかった部位も含め、

もも正肉、むね肉、ドラム、手羽先、手羽元、

ササミ、レッグ、レバー、砂肝など、

夢のようなお買い物でしたね。

ちなみに、撮影後の鶏肉は関係スタッフで分けて

それぞれおいしくいただきました。

もも肉を選ぶ人、ササミを選ぶ人、砂肝を選ぶ人…

それぞれの嗜好が垣間見れておもしろかったです。

 

さて、早くもおきなわいちば次号の発売時期です。

特集は「うつわじまん」。

鶏肉料理に合ううつわ、見つかるかな。

 

 

りょうち

2015.03.04

ここだけの話。 一覧へ →

↑PAGE TOP