つくる人と食べる人をつなぐ、暮らしと食のマガジン

おきなわいちばは
3、6、9、12月の5日発行

おきなわいちばレシピ

たんかんとローゼルのゼリー
ルビー色のローゼルと冬にとれたたんかんのゼリー。どちらもビタミン豊富で元気になれそうです。

たんかんとローゼルのゼリー

材料

たんかん 4個
レモン汁 小さじ2
粉糖 15g

ローゼル(乾燥)大さじ1
熱湯 400cc

板ゼラチン 8g
砂糖 30~40g
レモン汁 小さじ2

  ※以上で4〜5個分です

作り方

1 たんかんは包丁で皮をむき、果肉の部分を切り出して粉糖とレモン汁に漬け込んでおく。
     (果肉を取った残りは搾っておく)
2 ローゼルは熱湯につけて3〜4分色出しをして、こしておく。
3 板ゼラチンは氷水に漬けておく。
4 鍋にローゼル液とたんかんの搾り汁、砂糖、レモン汁を入れて火にかけ、沸騰したら
   火を止める。
5 4に水気をきった板ゼラチンを混ぜ合わせる。あら熱を取って器に移し、冷やし固めて
     1のたんかんをのせる。

レシピ協力:松本料理学院

※このレシピが掲載された21号(2008・春)は在庫切れのため、本誌販売のご案内ができません。
 ご了承をお願い致します。

↑PAGE TOP