つくる人と食べる人をつなぐ、暮らしと食のマガジン

おきなわいちばは
3、6、9、12月の5日発行

エッセイのリレー

kanae_title.jpg

 

二人目を出産後、チビ二人を連れてお出かけするのは一苦労。
おむつ替えに授乳、泣きわめいたり、暴れたり・・・・。
せっかくのお出かけもどこに行っても気を遣って
ご飯もゆっくり食べられませんでした。
「それなら、自分が行きたくなるようなカフェを作ろう!!」という思いで
『キッズレストラン・カナカナ』をオープン。
子どもが遊ぶスペースがあって、授乳室があって、ママ友がいて。
子連れのママが集まるから、お互いに助け合い、譲り合い、
周りを気にすることなく、ゆっくり食事とゆんたくができます。
食育をテーマにしたランチは南風原の食材を中心に
野菜をたっぷり使ったヘルシーメニューです。
また、南風原町が取り組んでいる『南風原エコ豚』も取り入れています。
食に関する知識を豊富にしたくて、
『豆腐マイスター』や『お魚レシピ伝道師』も取得しました。
同じママだから分かること、
感じることを周りのママたちと共有していきたいです。

そして、子どもが小学生になると、
放課後、安心して楽しく過ごせる場所がほしい!!
「それなら、自分が預けたいと思う学童を作ろう!!」という思いで
『キッズクラブ・カナカナ』を開設。
食の大切さを教え、ひとりひとりとしっかり向き合いたい。
異年齢交流、集団生活の中でこどもたちは社会性を学び、成長していきます。
片づけや挨拶など、生活の基本となることから身につけさせ、
レストランという施設を生かし、おやつや食事は手作りで提供。
実際にお料理教室も行い、子どもに食に興味を持たせることから始めています。

生まれ育った街を愛したい・・・。
南風原で産まれ、南風原で育ち、南風原に嫁ぎ、南風原で子育てをしています。
昔は自分の故郷なんて興味もありませんでした。
当たり前に過ごしていたから・・・。
思春期に実家を出て東京で暮らし、それからアメリカに留学して。
外の世界に出ると、故郷がとても懐かしく、大切に思えてきました。
結婚してからは、なおさら自分の町の過ごしやすさを実感しています。

そんな南風原町をもっといろんな人に知ってほしい!!
もっと盛り上げたい!!という思いから、
『南風原・琉球かすりの女王』に応募。見事選ばれ、2年間の任期を務めました。
式典での受け付けや挨拶、イベントでのPR活動など
この2年間は私にとって、とても貴重な体験の連続でした。
南風原町をアピールすることで自分自身の知識も増え、
南風原に対する思いもさらに強くなりました。
そして、何より、人との出会い。
人との出会いを通して学び、成長できたと思います。
これまでも、これからもお世話になる南風原町で私が出来ること
『南風原町子ども・子育て委員』
『小学校学年委員長』
『ふるさと名人・オリジナル島ぞうり彫り時師』
『民泊登録』
など、私が出来ることは積極的にやっていこうと思っています。
子育てしていても、仕事が忙しくても、
やりたい事は何歳になっても、自分の気持ち次第で実現できる!!
私はこの思いを胸にまだまだ活躍していきます!!
 

kanae1.jpg   学童の元気な子どもたちと

kanae4.jpg   やりたいと思う気持ちがあれば、何でもできる!

PROFILE

松田 佳奈恵(まつだ・かなえ) さん

南風原町出身3児のママ
2009年 キッズレストラン・カナカナ オープン
2013年 南風原・琉球かすりの女王
2014年 学童 キッズクラブ カナカナ 開設
子育てしながらいろんな事に挑戦しています。 
 

2014.11.01

kanae_jikai.jpg

 

これまでのエッセイ

↑PAGE TOP