つくる人と食べる人をつなぐ、暮らしと食のマガジン

おきなわいちばは
3、6、9、12月の5日発行

おきなわいちば×作家さんオリジナル手帳カバー誕生

沖縄の情報満載の便利な手帳をセットでお届け♪

手帳の特徴

沖縄の生活に欠かせない情報や、沖縄に住んでいる人でも知らないようなへえーっという情報が満載な手帳です。

チェック1

マンスリーページ

マンスリー・ウィークリー
両方ついてて便利!!

チェック2

ウィークリーページ

沖縄の生活に必要な
旧暦も載っています。

チェック3

メモページ

たくさん書き込めるメモスペースも!

チェック4

沖縄の行事ページ

沖縄の行事や知っておきたいことなども載っています!

ミムリ

マチネコ柄

今年のMIMURIさんの手帳カバーは「マチネコ柄」。店舗のある浮島通りで出会ったキュートなネコちゃんたちがあちこちに描かれていて、ネコ好きにはたまりません♥あなた好みのネコちゃんがきっといますよ。PVC加工がほどこされて丈夫なのはもちろん、前回に引き続き内側にカードサイズのポケットと、ロゴ入りのスピンつき。裏地のサーモンピンクもまたかわいい!見た目も機能性もバッチリなMIMURIさんの手帳カバーです。
※生地の都合上、柄の位置などひとつひとつ異なります。実物は写真とは異なる場合があることを予めご了承下さい。

購入はこちら

おきなわいちば編集部のおすすめポイント!

年々進化してきたMIMURIさんのデザイン。今回はハッピーを呼び込んでくれそうな、にぎやかなイラストが大集合です。中でもいろんなタイプのニャンコたちには、ほっこり癒されますよー。持っているだけで女子度がUPしそうなカバーなので、お早めに選んで2016年も楽しい出来事をたくさん記入してくださいね。
やみみ
猫にお花に石敢當(魔よけの石碑や石評のこと)。沖縄の何気ない風景が描かれている今年の手帳カバー、見ているとぶらりとまち歩きがしたくなるような魅力があって個人的にツボです。昨年に引き続き内側にカードポケットが3つ、オリジナルのスピンが付いているのも嬉しいところ。

MIMURI/テキスタイルデザイナー・クリエイター

女子美術短期大学アパレルデザイン科在学中よりMIMURIとして制作活動を開始。2006年に石垣に帰郷。2008年に那覇の市場内にある水上店舗2Fにアトリエを構え2011年に浮島通りにアトリエ兼ショップを移す。「絵を持ち歩く」をコンセプトに身近な動植物を描いた布を使って様々な作品を制作。

コラボ商品にかける想い

マンホールや標識、瓦屋根や車といった街の様子とそこで暮らしているマチのネコたちを描いています。スケジュール帳を持ち歩けば、マチを歩いているような気分になれますよ。スケジュール帳とともに一年を楽しんでください!

■ おきなわいちば30号に掲載

おきなわいちば30号掲載ページ

※クリックすると拡大します。

沖縄県那覇市松尾2-7-8 / TEL 050-1122-4516

http://www.mimuri.com/

購入はコチラ

↑PAGE TOP

taion

トーキングインコ

インコ、インコ、インコ!オリジナルテキスタイルでバッグや服を手がけているtaionさんの手帳カバーは、ビビットな配色のインコがとってもキュート。一体どんな会話をトリさんたちがしているのか、つい聞き耳をたててしまいたくなります。ポリエステル製の帆布生地は丈夫で、スピン付きで使い勝手もバッチリ。縦にカードが収納できる内ポケットは見た目もオシャレです。予定を立てるのが楽しくなりそう。
※生地の都合上、柄の位置などひとつひとつ異なります。実物は写真とは異なる場合があることを予めご了承下さい。

購入はこちら

おきなわいちば編集部のおすすめポイント!

山山
taionさんのコトリちゃんたち、なーんて可愛いんでしょう!繊細なタッチのイラストと大胆な色使い。こんな手帳カバーがあったらいいなあ・・って思っていたら実現して嬉しい限りです。スピン(手帳の開きたいページに挟む紐)の色は鮮やかなブルー。布の質感も良くて、ついナデナデしちゃいます。
タカロリ
ちょうどtaionさんのお店にお伺いしたときにこのインコ柄の原画を見せてもらって「どんなアイテムにしたらかわいいですかねぇ」なんて立ち話をしていたので、まさかおきなわいちばの手帳カバーになるなんて感激!身を寄せ合っておしゃべりしているみたいなインコちゃんたちに胸キュンです!

taion(タイオン)

画家として活躍する李康光さんらが手がけるオリジナルテキスタイルブランド。沖縄の太陽や花、自然からインスパイアされて生まれることが多いというテキスタイルは繊細でとても鮮やか。その生地から作られるアロハシャツやワンピースは「ちょっと面白いものを作りたい」という遊び心もたっぷり。店舗では様々は作品を展開中。

コラボ商品にかける想い

手帳企画のお誘いありがとうございます♫ taionからトーキングインコのテキスタイルです。インコたちに見られている感たっぷりです。鮮やかな色彩のインコたちをおともに色鮮やかな一年をお過ごしください。

■ おきなわいちば51号に掲載

おきなわいちば51号掲載ページ

※クリックすると拡大します。

沖縄県宜野湾市宜野湾3-1-3 / TEL 098-893-0194

http://taion9.com/

購入はこちら

↑PAGE TOP

カタチキ

  • ウッチリクブサー(紺)
  • ウッチリクブサー(ピンク)

可愛らしい「ウッチリクブサー(起き上がり小法師)」が目を引く手帳カバーは、紅型×ミシンの姉妹ユニット・カタチキさん。沖縄の伝統おもちゃを伝統技法・紅型で染めあげています。紅型ながらポップなので、普段使いにピッタリ!紺とピンクの2色から選べるのも嬉しいですね。裏地はジーンズ生地なので丈夫さも◎。紅型で染め、一つ一つ丁寧に縫われた手帳カバーは、1年といわずずっと大切に持っていたくなります。

購入はこちら

おきなわいちば編集部のおすすめポイント!

初登場のカタチキの手帳カバーは、鮮やかなピンクとシックな紺色の2色から選べます。描かれている「ウッチリクブサー」がレトロなのに新鮮さもあってさすが!な印象。紅型をカジュアルに楽しめるカタチキさんの小物は、持つだけできっとあなたをぐっとオシャレにしてくれますよ。
りょうち。
沖縄の言葉で「ウッチリクブサー」と呼ばれる起き上がり小法師がモチーフ。何度倒れても起き上がることから縁起物とされる小法師は、かわいくて、ユーモラス。目をこらせば細やかな色づかいで染められた紅型の表情に心を奪われます。なるべく倒れたくはないけれど(笑)、タフに1年を過ごせそうです。

カタチキ/紅型作家

紅型作家の崎枝さんと縫製を手がける當真さんの姉妹ユニット。ブーゲンビレアやハリコ、花ブロックなど、自分たちが実際に見て感じたものを柄に取り入れた紅型は、沖縄らしさの中に新しい風を感じます。そしてそんな紅型生地から生まれるストールやバッグは、普段の暮らしに取り入れやすいものばかりです。

コラボ商品にかける想い

ウッチリクブサーをモチーフにし、図案におこし染色しました。ごろんとしたカタチがかわいい玩具です。沖縄では昔、ユッカヌフィー(旧暦5月4日)に玩具を子供達に買ってあげる風習があり、ウッチリクブサーは櫂(イェーク)の玩具と一緒に男の子に送られたと言われています。毎年楽しみにしていた手帳カバー企画の制作ができ嬉しいです。ありがとうございます!沖縄暦と共に沖縄の伝統文化を一緒に感じ、楽しんで一年をお過ごし下さい。

■ おきなわいちば44号に掲載

おきなわいちば44号掲載ページ

※クリックすると拡大します。

沖縄県那覇市首里儀保町2-4 / TEL 098-911-8604

http://katachiki.com/

購入はコチラ

↑PAGE TOP